サーロイン

まずサーロインの1番の特徴は霜降り。
赤身の中にバランス良く脂が入っており、甘く柔らかい部位とされています。赤身の間にきめ細かなサシが入った美しい霜降り肉で、
背骨まわり独特のうま味と凝縮されたおいしさ、ほどよい脂の甘さにジューシーな肉質が特徴。
牛の背中の腰近くで、ほとんど動かない場所であることから、お肉のやわらかさも申し分ありません。

 

フィレ

「牛肉の女王」特徴はとにかく「柔らかい」ということ。
赤身といったら「フィレ」という方も多くいらっしゃいますね。
脂肪が少なく赤身が柔らかいのが特徴の牛ヒレ。
こういった特徴から、老若男女問わず食べやすい部位とされています。フィレは高級な肉として認知されていますが、これは牛一頭からわずか3%しか取れない部位となっています。
焼きすぎると固くなることから、レアやミディアムで食べることがおすすめです。

 

肩ロース

ロースの特徴といえば、脂肪が少なく柔らかいの部位です。
霜が入りやすく、脂肪の風味も良い部分が人気の部位となっています。